労働一般(第2章-1労働契約法)rih2205D

★★ rih2205D労働契約法によると、同居の親族のみを使用する場合の労働契約についても適用される。
答えを見る
×不正解
 労働契約法は、使用者が「同居の親族のみ」を使用する場合の労働契約については、適用しない
詳しく
 労働基準法における適用除外である「同居の親族のみを使用する事業」「家事使用人」のうち、労働契約法では、「同居の親族のみを使用する事業」だけが適用除外となります。

適用除外
・労働基準法……○同居の親族のみを使用する事業
        ○家事使用人
・労働契約法……○同居の親族のみを使用する事業
         家事使用人

第22条
○1 この法律は、国家公務員及び地方公務員については、適用しない。
○2 この法律は、使用者が同居の親族のみを使用する場合の労働契約については、適用しない

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 労働一般

関連問題

rih2801オ労働契約法は、使用者が同居の親族のみを使用する場合の労働契約及び家事使用人の労働契約については、適用を除外している。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。