健康保険法(第3章-1標準報酬)kps4803C

★ kps4803C事業主が、その使用する被保険者全員について、団体養老保険の保険契約の当事者となって保険料を負担している場合、当該保険に関する事項が労働協約等で定められていなければ、事業主が負担する保険料は報酬とみなされない。
答えを見る
○正解
 「団体養老保険の保険料」を事業主が負担している場合、その保険契約によって受ける利益が従業員に及ぶものであっても、当該保険に関する事項について労働協約、給与規則等に一切規定されておらず、事業主が保険契約の当事者となって恩恵的に加入しているような場合には、その事業主が負担する保険料は、報酬には含まれない
詳しく
(昭和38年2月6日庁保険発3号)
 団体養老保険の保険料を事業主が負担している場合、その保険契約によって受ける利益が従業員に及ぶものであっても、当該保険に関する事項について労働協約、給与規則等に一切規定されておらず、事業主が保険契約の当事者となって恩恵的に加入しているような場合には、その事業主が負担する保険料は、報酬には含まれない。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

なし

 

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。