健康保険法(第5章-2医療給付)kph2703B

★ kph2703B被保険者が病床数200床以上の病院で、他の病院や診療所の文書による紹介なしに初診を受け、保険外併用療養費の選定療養として特別の費用を徴収する場合、当該病院は同時に2以上の傷病について初診を行ったときはそれぞれの傷病について特別の料金を徴収することができる。
答えを見る
×不正解
 他の保険医療機関等からの紹介なしに病床数が200床以上の病院を受診した被保険者については、自己の選択に係るものとして、初診料を算定する初診に相当する療養部分についてその費用が徴収されるが、同時に二以上の傷病について初診を行った場合においても、当該費用は一回しか徴収されない。
詳しく
平成26年11月21日厚労告示422号・平成26年11月25日保医発1125号

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

なし

 

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。