健康保険法(第5章-1保険給付の分類)kph2507B

★★★★kph2507B事業主は、埋葬料の支給を受けようとする者から、厚生労働省令の規定による証明書を求められたときには、いかなる理由があろうとも、拒むことができない。
答えを見る
×不正解
事業主は、保険給付を受けようとする者から証明書を求められたとき又は証明の記載を求められたときは、正当な理由がなければ拒むことができない。
詳しく
則33条、則84条

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph2507B事業主は、埋葬料の支給を受けようとする者から、厚生労働省令の規定による証明書を求められたときには、いかなる理由があろうとも、拒むことができない。×kph0410A 事業主は、傷病手当金の支給を受けようとする被保険者から労務不能の期間についての証明を求められたときは、正当な事由がある場合を除いて拒むことができない。○kph0303B 事業主は、保険給付を受けようとする被保険者から傷病手当金の請求に必要な証明書の交付を求められたときは、正当な事由がなければ拒否することはできない。○kps6109B 事業主は、保険給付を受けようとする者より傷病手当金に係る労務不能の期間についての証明書を求められたときは、正当な事由がある場合を除いて拒むことができない。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。