健康保険法(第5章-2医療給付)kph2502A

★★ kph2502A標準報酬月額560,000円の被保険者(50歳)の被扶養者(45歳)が、同一の月における入院療養(食事療養及び生活療養を除き、同一の医療機関における入院である。)に係る1か月の一部負担金の額として210,000円を支払った場合、高額療養費算定基準額は84,430円である。なお、当該世帯は、入院療養があった月以前12か月以内に高額療養費の支給を受けたことはない。
答えを見る
×不正解
 70歳未満の者のみの世帯で標準報酬月額が53万円以上83万円未満の場合、高額療養費算定基準額は、167,400円+(医療費-558,000円)×1%である。
詳しく
法115条1項、令41条1項、令42条1項

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph2702D70歳未満で標準報酬月額が53万円以上83万円未満の被保険者が、1つの病院等で同一月内の療養の給付について支払った一部負担金の額が、以下の式で算定した額を超えた場合、その超えた額が高額療養費として支給される(高額療養費多数回該当の場合を除く。)。167,400円+(療養に要した費用-558,000円)×1%○kph2502A 標準報酬月額560,000円の被保険者(50歳)の被扶養者(45歳)が、同一の月における入院療養(食事療養及び生活療養を除き、同一の医療機関における入院である。)に係る1か月の一部負担金の額として210,000円を支払った場合、高額療養費算定基準額は84,430円である。なお、当該世帯は、入院療養があった月以前12か月以内に高額療養費の支給を受けたことはない。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。