健康保険法(第6章-1日雇特例被保険者)kph2005E

kph2005E日雇特例被保険者に係る費用のうち国庫が一定の割合で補助することとされているものには、前期高齢者納付金、後期高齢者支援金が含まれている。
答えを見る
◯正解■
日雇特例被保険者に係る費用のうち、「前期高齢者納付金の納付に要する費用の額に給付費割合を乗じて得た額」及び「介護納付金の納付に要した費用の額」には、一般の被保険者と同一の割合で国庫補助が行われている。
国庫は、全国健康保険協会が拠出すべき前期高齢者納付金及び後期高齢者支援金並びに介護納付金のうち日雇特例被保険者に係るものの納付に要する費用の額の合算額に所定の率を乗じて得た額に政令で定める割合を乗じて得た額を補助する。
詳しく
法154条、法附則5条

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph2005E日雇特例被保険者に係る費用のうち国庫が一定の割合で補助することとされているものには、前期高齢者納付金、後期高齢者支援金が含まれている。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。