健康保険法(第5章-3傷病に関する現金給付)kph1905B

★ kph1905B継続して1年以上の被保険者期間がある者が、平成19年2月1日に資格喪失して任意継続被保険者となり、平成19年6月1日に出産(多胎妊娠による出産ではない)したときは、出産手当金が支給される。
答えを見る
×不正解
 任意継続被保険者の保険給付は、当然被保険者の保険給付に準じて行われるが、傷病手当金と出産手当金は支給されない。
詳しく

 改正前は、任意継続被保険者、喪失前当然被保険者期間が1年以上ある喪失者についても出産手当金は支給されていたが、平成19年4月からは、支給されなくなっています。任意継続被保険者に対しては、出産育児一時金は支給されるが、出産手当金は支給されません。

法102条、法104条、法106条、平18法附則10条

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph1905B継続して1年以上の被保険者期間がある者が、平成19年2月1日に資格喪失して任意継続被保険者となり、平成19年6月1日に出産(多胎妊娠による出産ではない)したときは、出産手当金が支給される。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。