健康保険法(第3章-2費用の負担)kph1809E

★★★★ kph1809E被保険者が刑事施設に拘禁されたときは、保険料の徴収及び疾病、負傷又は出産に係る被保険者に対する保険給付は原則として行われない。
答えを見る
○正解
 被保険者又は被保険者であった者が、刑事施設に拘禁等されている場合には、保険料の徴収及び疾病、負傷又は出産につき、その期間に係る保険給付は、原則として、行われない。
詳しく
法118条、法158条

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph2703D被保険者が刑事施設に拘禁されたときは、原則として、疾病、負傷又は出産につき、その期間に係る保険給付は行われない。また、前月から引き続き一般の被保険者である者が刑事施設に拘禁された場合については、原則として、その翌月以後、拘禁されなくなった月までの期間、保険料は徴収されない。×kph2608C 保険者は、被保険者が少年院その他これに準ずる施設に収容されたときには、疾病、負傷又は出産につき、その期間に係る保険給付(傷病手当金及び出産手当金の支給にあっては、厚生労働省令で定める場合に限る。)を行わないが、被扶養者に係る保険給付を行うことは妨げられない。○kph2204E 被扶養者が少年院その他これに準ずる施設に収容されたとき、疾病、負傷または出産につき、その期間に係る保険給付はすべて行わない。×kph1809E 被保険者が刑事施設に拘禁されたときは、保険料の徴収及び疾病、負傷又は出産に係る被保険者に対する保険給付は原則として行われない。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。