健康保険法(第3章-2費用の負担)kph1510A

★★★★★★★★ kph1510A事業主は、その使用する被保険者及び自己の負担する保険料を納付する義務を負うが、任意継続被保険者の負担する保険料を納付する義務を負わない。
答えを見る
○正解
 任意継続被保険者及び特例退職被保険者は、自己の負担する保険料を納付する義務を負うため、事業主は任意継続被保険者及び特例退職被保険者の負担する保険料について納付義務は負わない。
詳しく
第161条、附則3条6項
◯2 事業主は、その使用する被保険者及び自己の負担する保険料を納付する義務を負う。
◯3 任意継続被保険者及び特例退職被保険者は、自己の負担する保険料を納付する義務を負う。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph0409C 事業主は、任意継続被保険者の保険料についても納付義務を負う。×kph0108A 健康保険の適用がない事業所の事業主は、任意継続被保険者を採用した場合は、その者の保険料の負担義務を負う。×kps6009D 健康保険の適用がない事業所の事業主は、任意継続被保険者を採用した場合は、その者の保険料の納付義務を負う。×kps5808A 事業主は、任意継続被保険者の保険料の納付義務を負う。×kps5109C 事業主は、任意継続被保険者の負担する保険料についても納付義務を負う。×kps4609A 任意継続被保険者に係る保険料については、事業主は納付義務を負わない。○kps4404C 〔任意継続被保険者〕保険料は、全額を自分で納付しなければならない。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。