労災保険法(第6章-社会復帰促進等事業)rsh2706エ

★★ rsh2706エ休業特別支給金の支給の申請は、その対象となる日の翌日から起算して2年以内に行わなければならない。
答えを見る
○正解
 休業特別支給金の支給の申請は、休業特別支給金の支給の対象となる日の翌日から起算して2年以内に行わなければならない。
詳しく

 特別支給金については、保険給付の「時効」に代わり、「申請期間」が定められています。

支給金則3条
○6 休業特別支給金の支給の申請は、休業特別支給金の支給の対象となる日の翌日から起算して2年以内に行わなければならない。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 労災保険法

関連問題

rsh1107C 保険給付における時効は、業務災害に関するものについては5年、通勤災害に関するものについては2年である。また、特別支給金の支給申請期間は2年である。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。