健康保険法(第3章-2費用の負担)kph2801エ

★★ kph2801エ健康保険組合連合会は、全国健康保険協会の後期高齢者支援金に係る負担の不均衡を調整するために、全国健康保険協会に対する交付金の交付事業を行っている。
答えを見る
○正解
 健康保険組合連合会は、健康保険組合間の財源の不均衡を調整するために、健康保険組合から拠出金を徴収し、財政の窮迫している健康保険組合に交付金を交付している。
詳しく
附則第2条
◯1 健康保険組合が管掌する健康保険の医療に関する給付、保健事業及び福祉事業の実施又は健康保険組合に係る前期高齢者納付金等、後期高齢者支援金等、日雇拠出金若しくは介護納付金の納付に要する費用の財源の不均衡を調整するため、連合会は、政令で定めるところにより、会員である健康保険組合(以下この条において「組合」という。)に対する交付金の交付の事業を行うものとする。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph1303A 健康保険組合の医療に関する給付、老人保健拠出金、退職者給付拠出金等の財源の不均衡を調整するため、健康保険組合連合会は健康保険組合から拠出金を徴収し、財政の窮迫している組合に交付金を支給する。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。