健康保険法(第5章-2医療給付)kph2704エ

★★● kph2704エ訪問看護療養費に係る指定訪問看護を受けようとする者は、主治の医師が指定した指定訪問看護事業者から受けなければならない。
答えを見る
×不正解
 訪問看護療養費に係る指定訪問看護を受けようとする者は、自己の選定する指定訪問看護事業者から受けなければならない。
詳しく
kph28E次の文中の     の部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋め、完全な文章とせよ。

2 訪問看護療養費は、健康保険法第88条第2項の規定により、厚生労働省令で定めるところにより、保険者が必要と認める場合に限り、支給するものとされている。この指定訪問看護を受けようとする者は、同条第3項の規定により、厚生労働省令で定めるところにより、  E  の選定する指定訪問看護事業者から受けるものとされている。

 「主治の医師が指定」した指定訪問看護事業者ではありません。平成27年、平成15年において、ひっかけが出題されています。
法88条3項

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph1506C 指定訪問看護を受けようとする者は、厚生労働省令で定めるところにより、主治の医師が指定する指定訪問看護事業者から受けるものとされている。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。